記事一覧

ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事中継A邸 15 :神奈川県横浜市鶴見区

ウッドデッキを造りますウリン材の搬入を終え、いよいよ専門的な気取図(きどりず)を基に、ウリン材の加工が始まりました。

気取図(きどりず) = なるべく無駄を出さず、用途に応じた材を得られるよう、切る方向、位置、手順など、板材や角材などを製材し、組み上げる為の詳細図面。(この場合はウッドデッキ)


(ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事中継 神奈川県横浜市鶴見区A邸の様子を継続的にご覧になりたい方は、当ブログカテゴリー 「ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事中継  ー 神奈川県横浜市鶴見区A邸 :ウッドデッキ工事中継」 よりお入りください。 ・・・順次更新してまいります。)


ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事中継 :神奈川県横浜市鶴見区

ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事中継 :神奈川県横浜市鶴見区
ウリン材は、アイアン・ウッド、ビリアンとも呼ばれ、東南アジア産で非常に硬く重い木材です。この為、ウリン材は「鉄の木」 とも呼ばれています。(注意 :普通のノコギリで切る事はできません。)また、水に沈む重量があり、ウッドデッキ材として加工する時だけでなく、運搬します時にも大変な労力が必要となります。

現地では海辺に生息しているので、例えば日本の雨季の湿気は勿論の事、海水にも耐久性がありますので海岸沿いのお庭でも問題なく利用できます。


一方で国産材とは異なり、現地東南アジアからの直輸入品の為に安定しない供給、加えて密度の高い木材の為、成長するまでにかなりの時間が必要となる為、他の木材と比べその価格はどうしても高めとなります。また為替の影響を受け、価格変動が起こる可能性があります。

ウリン材は、乾燥させるにもかなりの時間を必要とし、未乾燥のままで販売されることが多くなっている現状が見受けられます。このような場合、ウッドデッキとして施工した後に自然に乾燥し、寸法にズレが発生する場合があります。と言いましても、ウリン材は自然木で常に生きています。人工木と違って完工後のズレや歪みは、ウリン材が生きている事の面白さとご理解いただけます皆さまにお勧めできる木材です。

ウリン材の耐久性と言った面では、何と言ってもデッキ材一番の優等生です。また完工後の見栄えは、人工木のそれとは大きく異なり、重厚感とでも言いましょうか、独特の味を表現してくれます。

耐久性に関しましては世界最強と言われ、インドネシアの桟橋で60年以上の実績があるようです。(環境、メンテナンスにもよります。一般的にその耐久性は、40年以上とされているようです。)


そしてウリン材の実際の耐久性に関しましては、ウリン材を利用したウッドデッキ完工後、当ブログ 「お庭で遊ぼう♪」 で、継続的にご報告させていただきます。




写真のウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事店は・・・

(下記HPお問い合わせメールより、「お庭で遊ぼう♪」 ブログより入りました事を一言加えていただきますと、話がスムーズに進みます。)

  ↓ クリック!

神奈川県・東京都の外構工事専門店
エクステリア横浜


「お庭遊びをお考えの皆さま、お問い合わせお待ちしております♪」





ウリン材調達店

  ↓ クリック!

弘平物産株式会社

数あるウリン材調達店の中で、厳選させていただきましたお店です。

ウリン材は常に生きています。そしてネットで安価な値段だけで調達店を決めてしまいますと、仕上がりに大きく影響する危険性が潜んでいます。(プロの目からしますと、使えない木材が納品される可能性があります。)


お庭の工事店 「エクステリア横浜」 で、ウリン材を利用した拘りのウッドデッキ工事をご契約いただきました皆さまには、実績のあります 弘平物産株式会社 より、ウリン材を調達させていただいております。

そしてウリン材の体質上、ウリン材(自然木)をお求めになり工事だけのご依頼はお断りさせていただいております。その点、ご理解いただきたくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

プロフィール :ハンドルネーム サラ♪ 簡単な自己紹介をさせていただきます。

「お庭大好き サラ♪」

Author:「お庭大好き サラ♪」
ご訪問いただきましてありがとうございます。写真は私、サラ♪ と 愛犬のバディ(ラブラドールレトリバー ブラック)と申します。

さてさて、家庭とは、家+庭と書きますが、都心では庭がなくても家庭が存在しています。今や庭は、貴重な時代へと突入しているのかも知れません。

一方で、日本人は庭の使い方が下手だと耳にしたことがあります。日本の庭は眺める為のもの。欧米の庭は利用する為のもの。個人的にそんな印象を持っています。しかしながら日本でもやっと庭の活用方法として、 「アウトドアリビング」 「ガーデンルーム」 といった言葉が利用され、庭を利用するものとしての動きが活発になってきたように思います。

”そんな貴重なお庭を眠らさず、思う存分楽しんでみませんか?” と言う訳で、「お庭で遊ぼう♪」ブログを開設いたしました。

キャンプ場に出掛けアウトドアを楽しむも良し、日常的にお庭でアウトドアを楽しむも良し、そんな躍動的な外での楽しみ方を共有していただけたのならうれしく思います。

「どうぞよろしくお願いいたします。」 m(_ _)m




<追伸> 外遊びブログをお持ちの皆さま、ブロとも、リンク友達募集中!

カテゴリ :クリックいただきますと限定記事を継続的にご覧いただけます。

炭 (0)

近況報告

「お庭で遊ぼうブログ♪」 ← 随時、更新してまいります。アウトドア派の皆さまは勿論の事、アウトドア派でない皆さまも、一緒に楽しんでいただけるようなブログを目指してまいります。 ・・・ごひいきいただけましたのならうれしく思います♪

バーベキューグリル

バーベキューグリル機種のご紹介です。

天気予報

外遊び好きにとって、お天気情報は大事です。雨の日の外遊びもありですが、できればお天気の方がうれしいですよね。

-天気予報コム- -FC2-